FC2ブログ
まずはカテゴリを クリック。 現品確認 はお近くの協賛する個人商店で、というシステムですが、 中身は今はまだ空同然、掲載にも間が空きます。  活動 は資金力不足で8年以上停滞。                                 今、内なる改良を積み重ね、満を持しての再出発です。       その創成期のメンバーとなって、 共にマネーの世の中を変えてみませんか?                          このシステムに未来を見れる方は是非スタッフに! サイト機能が飛躍的に高められ、出品数もそこそこ集まれば、後は燎原の火の如く、広がって行くはずです。 ご支援をお願い致します。

黒猫「はっちゃん」12歳。

IMG_20201112_095115-2.jpg

食が細くなり、毎日ゲリばかり、薬をあげても効果無し。
そこで、腹巻どうかなと色々模索、
使わなくなったレッグウオーマー、
ぴったり、可愛い!
何より、嫌がらないので1週間ほど、つけっぱなし。
形にならなかった便が立体的になってきました。
関連記事
スポンサーサイト




ガリガリでさまよう野良猫のオスの里親様になってください。

thumb_1605528886012.jpg
thumb_1605528886580.jpg


茶と黒のキジトラ、オス、推定1歳、
去勢手術、3種ワクチン、回虫駆除、済んでいます。

ご飯をねだることが出来、トイレトレーニングも出来ている。
良く話しかけるし、声が可愛い、良く遊びます。

里親様の条件  ---------------------------------------------
・室内飼いの出来る方。家族の一員として終生飼養をお願いします。
・家族皆様の同意、猫アレルギーが無い事をご確認下さい。
  これから出産予定の有る方も、お断りします。
  未成年者、単身者、同棲中のカップルの方はお断りします。
  喫煙のある方もお断りします。
・65歳以上の方は後見人が必須です。
・病気や怪我の時、年一回のワクチン接種の際、医療機関を受診お願いします。
・ペット可のお住まい、脱走防止をお願いします。万が一脱走等有りましたらご連絡お願いします。
・1〜2週間のトライアルをお願いします。その際、こちらからお届けにお伺いします。
住環境など見せて頂き適切で無い場合、お断りする事ご承知おき下さい。

簡単な家族構成、先住猫のある無し、お住まい等お知らせお願いします。
大変な命の譲渡です。立ち入った質問もご理解よろしくお願いいたします。
動物病院での、避妊去勢手術費用は、高くて出来ないと思っていませんか?
最近、安くなってます。

野良猫に協力してくれる動物病院、こちらが知っているところ

●手術は必ず予約が必要です。

上尾市 堀動物病院 5500円 火曜午後、水曜休診。
所沢市 所沢さくらねこ診療所 5000円 土曜日のみ手術を中心に営業不定期。
東松山市 東松山動物病院大山獣医科 11000円 日、祝、水休診。
越生町 きくた動物病院 オス 7150円 メス 11000円 火休診。
近所で猫が増えて困っていませんか?
そんな時は、猫の避妊去勢手術をすると減っていきます。

費用は、個人に避妊去勢手術費用を”全額助成”してくれる所があります。
「財団法人どうぶつ基金」と言います。
多頭飼育崩壊している現場なども相談できるようです。

「財団法人どうぶつ基金」の中の「さくらねこ無料不妊手術事業」おおざっぱですが、ここから、チケットを入手。下記ウラル。
https://www.doubutukikin.or.jp/activity/campaign/campaign-latest/
毎月1~5日中に、提携病院を確認し、チケットの申し込みをします。
100%チケットをもらえるかは予算の都合でわかりません。

今回8月に8枚申し込み、2週間以内にチケットが8枚届きました。

実際に使ってみました。

①まず、猫が居る地域の役場に電話をし、その地域の猫のボランティアさんを紹介してもらいます。
(役場とも提携していて、チケットを発行してくれる地域もあるようです。役場に確認をしてみましょう。)
②動物ボランティアさんに捕獲器を借りられるか確認し、捕獲器を用意します。
 (手で捕まえられる場合は、大きめの洗濯ネットに入れ、移動ケージなどに入れれば良い。)
  役場にない場合、動物愛護センターで借りられる場合があります。
③捕獲する2日前から猫のご飯を抜きます。(確実に捕まえられるのであれば、手術当日のご飯を抜くだけでよい。)
④手術する病院(チケットに書いてある指定の病院)へ前日予約する。
⑤手術前前日の夜~当日の朝までに罠を仕掛け、捕獲する。
⑥手術前写真を撮ります。(撮る必要が有る無しに関わらず、手術前と手術後の写真を残します。)
⑦捕獲器の下にトイレシーツ、その下に新聞を敷きカバーします。汚れ防止処置。
⑧予約した病院へ手術に向かいます。
⑨チケットに必要事項を記入。病院へ依頼。
⑩翌日病院へ引き取りに行く。
⑪手術後の写真を撮ります。
⑫元居た場所へ返します。リターン。
注意点:
・野良猫の場合、中々捕まりません。捕まってから手術までの時間食事を抜くことになります。
捕獲の日にちはよく考えて行いましょう。
手術日まで4~5日あっても大人猫は餌や水は与えられません。野良猫は敏性なため逃げてしまったら捕まりにくくなるからです。
・置き場所に注意を払います。すごし易い落ち着く所に置きましょう。
・餌を唐揚げにしたり、シャウエッセン的な魅力的な物にすると掛かりやすいです。

捕まえる前に捕獲器にカバーを掛ける方法。(雨の日は捕獲後にカバーを掛けると良い。)
IMG_20200913_160436-1.jpg
IMG_20200913_160505-1.jpg
IMG_20200913_160602-1.jpg
IMG_20200913_160942-1.jpg

雨の日は捕獲器の保護と捕獲された猫の雨除けにカバーを掛ける。大き目のごみの袋を筒状にカットしてカバーを掛けても良い。

IMG_20200913_161151-1.jpg

埼玉県の場合、
野生動物を保護したら、下記へ電話して指示を聞いてください。

「みどり自然課」電話 048-830-3154

経緯、
路上に何か20cm位の丸いものが有る?生き物かと思いつつ、近づくにつれゴミに見えて来た。
車でまたいだ時、鳥だと気が付いた。
車を止め、ハザードをつけ見に行くと、バタバタと地面を這うように移動した。生きている。
兄弟らしき2羽の鳥が驚いて飛んで行った。
タオルをかぶせ、捕まえた。鴨だ、まだ子供のようだ。

左足が折れているのか力が入らないブランブランだ。
右目の涙に血が混じっている。
交通事故にあったのだろう、当て逃げかもしれない。
人なら救急車を呼んだだろうに、と思うと腹が立つ!!

とりあえず、保護出来て良かった。
たまたま有ったダンボールを組み立てて、タオルで包みその中に入れ、助手席の足元に置いた。
朝の5時半頃。
動物病院は確か9時からかな?
野生動物も見てくれるという東松山市の大山動物獣医科へ連れて行った。
しかし、鳥は鳥インフルエンザのため見ないと言われ、他の連絡先を聞いた。

「みどり自然課」電話 048-830-3154

朝の8時25分頃、電話してもつながらないだろうと思ったら、連絡が出来、
カンカツが東松山とのことで更に連絡先を聞いた。

東松山市の環境管理事務所 0493-23-4119
仕事も遅刻していたため、鴨を持って環境管理事務所に向かい事情を話してその先をお願いした。
引き受けてくれた。

病院に連れていき、治ったら元の場所へ返してくれるとのことだった。
ただ、その後についての問い合わせはしないで欲しいとのことだった。
お金も掛からなかった。

今後、何か野生の生き物を保護した場合も電話しても良いか聞いたところ、
電話してくださいとのことでした。

野生動物を保護した場合、どなたかのお役にたてれば、幸いです。
うまくまとまっていないのは堪忍ください。


犬や猫を保護した場合は、埼玉県では、下記へ連絡するのだそうです。
【https://www.pref.saitama.lg.jp/a0706/doubutu/hushoudoubutu.html】
抜粋
〇犬の場合・・・・・・・・・・・・・県保健所
〇猫等(野生動物を除く)の場合・・・県動物指導センター
へ連絡する。
リンク 各地域の連絡先、
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0706/hokenjo.html
近所で野良猫を見つけたらどうしてますか?
きっと「どうもしない!」人がほとんどだと思います。

でも今からは、救ってください。

子猫で、捕まる場合は、迷いなく直ぐに捕まえて保護してください。

野良の子猫の生存率は15%です。もし、人間に出会えたならそれは万が一の奇跡なのです。奇跡的出会いなのです。
その最初の人間が救わなければ、救われないのです。
あなたしか救えるタイミングの人はいないのです。

拾った猫は大概風邪をひいていたり、ノミがいます。まずは動物病院へ。
ご自分で飼えない場合は、動物病院で里親を探してくれることもあります。
県の動物愛護センターに登録しているボランティア団体で引き取ってくれるところもあります。

成猫の場合、
パターン①、飼い主を確認し、飼い主がいたら、避妊去勢手術しているか確認し、してなければ、避妊去勢手術のお手伝いをお願いいたします。
パターン②、飼い主がいない野良猫なら、それぞれの役場または、動物愛護センターに電話し、ボランティアの人を探し、協力してもらい捕獲、避妊去勢手術(さくら耳カットする)をして、元の場所に返すTNRをお願いいたします。

とにかく、人が餌やりをしている猫は避妊去勢手術が必要です。

メスの成猫は一年に2回以上発情し4匹以上/回 産めます。
オスは必ずメス猫を探します。
野良の子猫の生存率は15%と言うことは、

生まれた子猫のほとんどが死んでいるのです。

原因は、
・カラスなど他の動物の餌食、
・交通事故、
・脱水症状、
・熱中症、
・凍死、
・病気、
・人間、
・その他
なんらかの理由により亡くなっている。
人知れず、見ていない部分がほとんどというこです。

子猫を見かけたら、その猫は救ってください。救えるのはあなたしかいません。

成猫はオスでもメスでも確実に避妊去勢手術が必要です。
そうしないと、その猫一匹のその先には一年で12匹以上の悲惨があるのです。

読んでいただき、ありがとうございます。
あなたとの出会いも万が一です。
あなたの行動、悲惨を減らすお手伝い、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

栗林

IMG_20200907_163541-1.jpg